読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WSUSサーバのメンテナンス(管理コンソールに繋がらない等)

以前、WSUSのクリーンアップについて記事を書いたのですが、
そのほかにもWSUSというとちょこちょこ不思議な動作をすることがあります。

たまにですが、WSUSの管理コンソールに接続不可能という現象が発生することがあるのですが、
それらの自称に対して、MSのWSUSチームのBlogにてコメントが公開されていましたので。

blogs.technet.com

自分が体験したのは、上記Blogでいうところのケース2.「たまに接続ができない」になるのですが
下記で解決することが多いとのこと。

・インデックス再構築
 →確かに、パッチが増えてくると遅くなるんですよね。。パッチの選定にとてつもない時間が。。

・WSUSサーバのクリーンアップ
 →容量問題でもそうですが、不要なパッチは処理時間増を招きますからね。
  前回記事にしたのはここですね。
  WSUSサーバのクリーンアップ - Infrastructure Engineer`s Notes

・WSUS管理コンソールのキャッシュ削除
 →これは知りませんでした。効果はちょっとあるかもくらいみたいですが。

・不要な更新プログラムは「拒否」にする
 →これはWSUSの運用上非常に大事かと。
  パッチは積み上げていくので、どんどん必要なパッチの選定に要する時間が増加していきます。

・WsusPoolのメモリ引き上げ
 →なるほど。利用できる容量を増やそうと。
  ここまでやったことはないですが、ありかもですね。

SQLサーバの最小メモリ・最大メモリの設定値を変更
 →上記と同様の考えですね。
  これも試したことはないですね。

簡単ですがMSサポートチームのノウハウだそうです。
こういうの大事ですよね。