【書評】JBoss Enterprise Application Platform6 構築・運用パーフェクトガイド

前回の記事で、Redhat社がリリースしているJBossのドキュメントを紹介しました。
JBoss設計ガイド - Infrastructure Engineer`s Notes

他にも勉強用の資料はあるかというところですが、JBossの書籍は非常に少ないです。
比較的新しいものに関しては、以下くらいしかありません。

種類が少ないこともあり、手に取って読んでみました。
内容としては、簡潔にまとまっておりJBossの機能の全体像をざっくり把握するには有用かと思います。

ただし注意点として、これから始めてJavaを利用したWeb開発をはじめます、
Javaアプリケーションサーバを触るの初めてです。という方が読んでも理解できません。
そもそも、その機能が何をするためのものかが理解できないと思います。

ですので、そこは順番を追ってこの本を手に取るのがいいかと思います。
※私はここ最近Javaに入門したので、このあたりもまとめたいと思います。いずれ。

この書籍の中で良かった点ですが、チューニングの箇所が簡潔にまとめられていてありがたかったです。
実際、性能のボトルネックになりうる箇所は決まってますので、まずはこの書籍に記載ある項目をマスターするのがいいと思います。

  • Webサブシステム
  • EJB3サブシステム
  • JPA
  • DataSources
  • JVM

上記に関して、この書籍はまとめてくれています。

JBoss設計ガイド

最近、Web/APの世界に本格的に参加しました。ということもあり、JBossやら、Java界隈の勉強中です。

Redhatがリリースしているアプリケーションサーバのドキュメントを備忘録的にまとめておきます。
日本語訳版もあります。
ページ上で、Product Versionを選択してくださいね。以下のリンクはVer6.4になっています。

Product Documentation for JBoss Enterprise Application Platform - Red Hat Customer Portal

上記ページの、以下の項目あたりが役にたつのではないでしょうか。

  • Installation and Upgrade
    • Getting Started Guide
    • Installation Guide
    • Migration Guide
  • Administration & Configuration
    • Administration and Configuration Guide

毎日コードを書く

普段プログラマーの人達はどのように学習しているのかなぁと
ネットサーフィンしていたところ面白い記事を見つけたのでメモ。

時間帯別にまとめているのがいいと思った。
隙間時間の程度によって調整できるし。
qiita.com

あと、特に「Write Code EveryDay」というエントリは初めて知ったのだが、
改めて意識していきたいと思わせる優良エントリ。
プログラマーたるもの、コーディングを日々行うのが大事ということ。

オリジナル
John Resig - Write Code Every Day

日本語に翻訳してくれている人がいる
毎日コードを書くこと - snowlongの日記

PythonHack [デーモンプロセス作成]

Pythonでプログラム作成する際に、
常駐プロセス化したいことがあると思うので
その時調査した結果をサンプルとして記載。

・スクラッチ

・ライブラリ利用版


github.com

MCSE(Mobility)取得

1ヶ月ちょっと前ですが、MCSEのMobilityを取得しました。
Windows Desktop(端末)に関する分野の試験になるのですが、
私が試験を受け始めた2016年夏から認定条件が変わりました。

当時は、Enterprise Devices and Appsという種別だったのですが、
以下のような構成になっていました。
(当時は、70-695,70-696は英語試験のみでした。今は日本語もあるようです。)

・MCSA Windows 8
 +
・70-695 試験
 +
・70-696 試験

一方で2017年4月からは、Enterprise Devices and AppsがなくなりMobilityになったのですが、
認定条件は以下の通り。

・MCSA Windows 10
 +
・70-695 or 70-696 or 70-398

個人的には、MCSEクラスの試験数が1つ減ったので簡単になったなと思う。
自分は昨年70-695を取得済みなので、MCSAをWindows10に
アップグレード(70-697試験に合格)して認定された。
因みに、70-697は対策本が出版されているので比較的対策しやすいと思う。

Server種別の試験と違い、デスクトップ種別の試験は受験層が少ないからか、対策本がでないのが厳しいところ。
70-695 or 70-696 or 70-398 あたりは、MSの公式資料を参考に勉強した。
やはり近年利用が広まっている、MDM(Intune)や、AzureADを用いたSSO等
従来のオンプレミス環境の端末管理以外の項目がかなり含まれているのでそのあたりがポイントとなる。

etsubo.hatenablog.com

競技プログラミングでPythonを利用

タイトルの通り、Pythonを利用する際のTips集をまとめておくページ。

qiita.com

いつの間にかiosのOneDriveでオフラインファイルの利用が可能になっていた。

実は、結構前に更新があった話らしいので恥しい限りなのですが、
最近知りました。

Windowsの世界だと、オフライン時のファイル利用には複数手段が用意されています。

・共有フォルダーのオフライン利用
・ワークフォルダ(これはWindowsに限らず利用可能)

自分はOffice365を利用していることもあり、OneDriveを利用しているのですが、
上記の様な機能があるといいなーとずっと思っていました。

が、、ずっとiOSのアプリでは未対応だと思っていたのですが、
2015年にはこの機能に対応していたようでした。知りませんでした。

support.office.com

itea40.jp

とても便利です。

ちなみにWindowsのワークフォルダの機能をiosで利用したいなら以下のアプリ。

blogs.technet.microsoft.com