読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iCalデータからOffice365への移行時の注意

今までは、プライベートのスケジュール管理は自前のiCalサーバで管理していました。
今回、Office365を契約していることもあり、こちらに移行したいと思いまして実施してみました。

Office365のスケジュール機能は、outlookなわけですが、
データをインポートする際には、icsファイルを用意することになります。

MaciCalを利用している人は、
iCalの書き出し機能を利用してicsファイルとしてエクスポートできます。
基本的にこのicsファイルをインポートすればいいのですが、
ものによってはエラーがでてインポートに失敗することがあります。

残念ながら、画面上だとなぜエラーになるのか
さっぱり情報が得られないのが苦しいところなのですが。。
少し切り分けしてみると以下の条件があることがわかってきました。

条件1: リマインダー機能等を利用している
条件2: タイムゾーンを複数持っている

条件を説明する前に、少しicsファイルの構造を説明する必要があります。
(icsの構造はシンプルでテキストエディタで開いて中身を確認できます)

http://www.asahi-net.or.jp/~CI5M-NMR/iCal/ref.html

上記サイトがわかりやすくまとまっているのですが、
icsのデータ構造は、

BEGIN:属性名 で始まり、
END:属性名  で終わります。

BEGIN~ENDの間に実際のデータや設定値を格納していく形式です。

例えば、BEGIN:VEVENT~END:VEVENTは
実際のスケジュールの内容が書かれている項目になります。
実際のデータを覗くと下記のような項目がテキストファイルにはずらずらと並びます。

BEGIN:VEVENT
CREATED:
UID:
DTEND;TZID=Asia/Tokyo:20160703T200000
SUMMARY:買い物(スケジュールのタイトル)
DTSTART;TZID=Asia/Tokyo:20160703T190000
DTSTAMP:
LOCATION:どこか
SEQUENCE:
END:VEVENT

"VEVENT"以外にも属性はあり、
"VALARM"・・・これは文字通りアラームを設定した場合に付与される
"VTODO" ・・・これも文字通りTODOを設定した場合に付与。
       リマインダーを利用する人はこの項目がicsファイルに多いはず。

ここでやっと本題のなぜうまくいかないかの説明に戻ると、
条件1は、outlookがVTODOをサポートしていないからと思われる。
条件2は、"VTIMEZONE"というタイムゾーン設定をする属性があるのだが、
     outlookが一つしか"VTIMEZONE"の設定値を許可していないと思われる。
     iCalから出力したicsファイルには複数の"VTIMEZONE"を出力できていたので、
     iCalは複数のタイムゾーン設定を許可しているはず。

本当はOffce365のoutlookの正式な仕様を知りたいのだが、、
どこかに公開されていないかな。

以上、簡単ですが切り分け結果でした。
   

Dism.exeをWindows10で利用したい。

WindowsPEのイメージを構築したく、Windows10にADKをインストールして試してみたがうまくいかなかった。

Windows ADK for Windows10
 Windows ADK のダウンロード - Windows ハードウェア デベロッパー センター

なにが問題かというと、作成したPEイメージをマウントができない。

dism /mount-image /imagefile:"c:¥WinPE_x86¥media¥sources¥boot.wim" /index:1 /mountdir:"c:¥WinPE_x86¥mount"

普段通り、上記コマンドでマウントしようとするとエラーがでる。
調べてみると、"imagefile:"の部分は"\"がうまく解釈できないので、
"boot.wim"直下に移動するといいよとかいう情報があったりしたがそれでもだめ。
¥(円サイン) → \(バックスラッシュ) でもだめ。
だけど、Windows7だとスムーズにいった。なぜだ。。(なんかミスったのか。。)

http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows8_1-update/windows81-%E3%81%A7%E3%81%AE-windows-pe/86e405d7-b616-461c-9bac-95eb62335db0

3.5インチベイにSSDを設置する

最近のPCケースだと、SSDの利用を前提として2.5インチ用のベイをPC内部に確保してくれています。
ですが、昔のケースとか、サーバ用ケースですと3.5インチベイのみのものが多いと思います。

そういう時は、下記の製品がお勧めです。
2.5SATA-3.5SATA変換をしてくれるマウンタです。

私は、この製品をHP Proliant ML 110 G7 に搭載してSSDを利用しています。
お勧めです。

自宅開発環境の考察(Part1)

自宅に快適な開発環境を用意することに多くの労力をかけております。
最近は、クラウド環境の充実で自宅サーバとか不要では?!という人もいるかと思いますが、
自分はそう思っていません。

必要な時だけサーバを上げる人であればいいのかもしれませんが、
24時間運用する必要があるサーバの場合は、いまだにクラウドは割高だと思っています。
それにある程度大容量のデータを扱う場合は、WANだとそれなりに転送時間がかかるため
フラストレーションが溜まります。(私は)

で、24時間運用するサーバってなに?と言われると、自分の環境だと以下です。

・AD、ADFS、ADFS Proxy → これはOffice365をはじめとしたSSO環境を提供
・ファイルサーバ    → 言わずもがな大事なデータを保管
VPNサーバ       → 外出先から、自宅へ接続するために必要
・Slack Botサーバ    → 毎朝天気予報を呟いたり、ゴミ出しの日を教えてくれる
・メールサーバ     → 独自ドメインのメールアドレスの運用。Office365でいいじゃん。。
・カレンダーサーバ   → いわゆるicalサーバ。Office365でいいじゃん。。
・赤外線リモコンサーバ → エアコンとか、Hue(ライト)とか自宅電子機器の遠隔操作
              これにより最寄り駅に着いたときにエアコンを入れることが可能。
・データマートサーバ  → DBサーバとSplunkサーバを運用。

書き出したら、めっちゃあるじゃん。。
自宅の開発環境を快適にというのもあるけど、自宅を便利にという思いも多々ある。

上記サーバを全て、自宅サーバ2台で運用しています。
大部分は、HP Proliant ML 110 G7に、ESXi6.0をインストールしてその上で運用しています。
もう一台は、HP Microserverというコンパクトなサーバでして、
Hyper-Vをインストールして、その上で運用しています。

http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/system_pdf/ml110g7.pdf

HP ProLiant MicroServer - モデル | 日本ヒューレット・パッカード

いろいろ考えた上で今のシンプルな構成?に落ち着いたと思っているので
そのあたりを今後ご紹介できればと。

Windowsの展開に関しての評価ガイド

MSは様々な技術文書(自習書、評価ガイド etc...)を無償で提供してくれています。
内容は非常に充実しており下手な書籍よりも有用なものも多く、
新しい技術に関しては書籍も出版されていないので、これらの文書が頼りになります。

不満点は、資料が様々な場所に点在しているところ。
探しにくいのです。

今回は、Windowsの展開技術に関しての文書を探したのでまとめておきます。
Windowsの展開技術とは、
クライアントPCなど大量の端末をキッティングする際に、利用される技術です。

一台程度ですと手動でインストールしてもいいのですが、
企業になると数百台にもなりますし、企業ごとにOSのカスタマイズをする必要もあるかと思います。

システム部門が作成した、標準インストールイメージを利用して、
どのように端末にWindowsをインストールするか、
そのための技術情報が下記にまとまっていますので参考になれば。


・標準イメージの展開技術概要
 http://download.microsoft.com/download/9/7/9/97983C57-B297-4FBE-AA2B-F8736739B5F4/W8_Migration_WP_Overview.docx

Windows ADK による標準イメージの作成手順
 http://download.microsoft.com/download/9/7/9/97983C57-B297-4FBE-AA2B-F8736739B5F4/W8_Migration_WP_ADK.docx

・USMT の利用によるユーザー データの移行
 http://download.microsoft.com/download/9/7/9/97983C57-B297-4FBE-AA2B-F8736739B5F4/W8_Migration_WP_USMT.docx

Windows 展開サービスによる標準イメージの展開
 http://download.microsoft.com/download/9/7/9/97983C57-B297-4FBE-AA2B-F8736739B5F4/W8_Migration_WP_WDS.docx

【書評】日経クラウドファースト創刊

さてタイムリー?な雑誌が創刊されました。

itpro.nikkeibp.co.jp

昨今、クラウドという言葉は様々な意味で使われているわけですが、
この雑誌には下記のようなサブタイトルが付いています。

AWS・Azure導入の先端技術情報」

つまり、上記2サービスに焦点を当てた雑誌なのでしょう。
早速創刊号を読ませていただきましたが、
サブタイトルに偽りなく、AWS、Azureのサービスを利用した導入事例と、
AWS、Azureのサービス技術情報が紹介されています。

上記2サービスの情報を追っかけていくのであればいいかもしれませんね。
書籍ですとスピード感が1、2テンポ遅くなりますし、
最新情報をサイトやらで収集するのも少ししんどいというのであれば、
ちょうど良い情報提供ツールになるかもしれません。

余談ですが、AzureをはじめとしたWindows系の情報は
自習書が充実しています。(AWSは詳しくなく、、)

blogs.msdn.microsoft.com

www.microsoft.com

また、ソフィアネットワークさんもAzure関連の自習書、評価ガイドを
発表してくれていますね。

株式会社 ソフィアネットワーク

またまた余談ですが、年間購読料は64,800円とお高めでございます。

【Office365】ADFSの証明書更新時の注意点

ネット上の他の方々の記事も幾分あるのだが、
例にもれず自分もはまった。

ADFS3.0, Windows Server 2012R2で発生するこの問題はなんぞや。
そもそもnetshを利用してバインドできることを初めて知りました。

https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2973873

基本的にADFSの証明書設定はPowerShellで実施するのが吉。
ADFSの管理画面よりも証明書へのアクセス権限の設定も適切に実施してくれるみたい。
加えて、Windows Server 2012からADFS Proxyではなく、
リモートアクセスのWeb Application Proxyを利用することになるのだが、
こちらもGUIから設定できる項目が限られており、PowerShellを利用することになる。

なので、ADFS3.0系統は基本PowerShellと考えればよい。
一部(KB2973873)に合致する方は手でnetshも変えればよい。
例の如く、Office365、ADFS周りは下記のブログにお世話になった。

AD FS 3.0におけるSSL証明書更新 | 日々徒然

www.slideshare.net